アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

クアラルンプール就職活動その1 先進国入り寸前!大前研一アドバイザーの元、日本を見て成長した国、マレーシア

 2012-05-05
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
今回就職活動した7カ国で、もりぞおさんが一番興味がなかった国がマレーシアでした。

ついうっかり存在を忘れてて、他の国々を調べたときにふと気がついたのが
「あれ?マレーシアって、タイよりも1人当たりのGDP高いんだ…」

P1040540.jpg

そうなんです、マレーシアは実は、(シンガポールや香港といった都市国家を除いて)1人当たりのGDPでは東南アジアのトップであり、2010年の段階で世界179カ国中65位と、もうすぐ世界のトップ1/3に入ろうとしています。

勝手に、上位1/3を先進国、中位1/3を途上国、下位1/3を後進国と分けると、マレーシアはもうすぐ先進国を仲間入りしようとしている国なのです。
(ちなみに、このランキングと私が実際に行った感覚から考えると、上記の分け方は、結構妥当です)

マレーシアの首都クアラルンプールは国土のほぼ中央西側にある大都市で、市内を高架鉄道や地下鉄が走り、近代的なビルが建ち並びます。多くの産業はクアラルンプールに集中していますが、第二の都市であるシンガポールとの国境の都市ジョホールバルや、観光地として名高いペナンにも製造業などの産業が育っています。

マレーシアは、1983年から2003年に首相を務めたマハティール氏が「ルック・イースト政策」という「日本や韓国の集団主義と勤労倫理を学べ」という政策を踏まえ、日本や韓国からの企業進出、経済支援、技術移転を受入れ、経済成長を遂げました。この時代、経営コンサルタントの大前研一氏もマレーシアの国家アドバイザーを勤めています。
なお、主要貿易相手国も2010年で、輸入は日本が1位です。(輸出は1位がシンガポール。日本は3位)

経済成長率も、アジア経済危機やリーマンショックの影響を受けた年以外は4-7%の安定した成長を遂げており、失業率も3%台と、低いラインで安定しています。

クアラルンプールの街を歩くと、イスラム教の頭に巻くスカーフ(ヒジャブ)をかぶった女性を多く目にすることからも分かるように、

P1040554.jpg

人口の多くがイスラム教徒です。しかし、中東の厳格なイスラム教と違って、女性の権利も認められており、多くの女性が社会進出していいます。

また、クアラルンプールには、欧米人、中国、韓国人などの東アジア人も多く、日本人も約1万人近く在留しており、多くの日本企業がオフィスや工場を持ています。

有名なペトロナスツインタワーの周辺には、日系をはじめとする外資系企業、特に金融業や商社などのオフィスがあり、多くの商業施設と共に華やいだ街を演出しています。

P1040417.jpg

このあたりは、地下鉄が主要な場所を結んでおり、(乗り換えの不便さなど駅の構造はともかく)5分に1本くらいくるので、自由自在に動き回れます。

製造業のオフィスの多くはここから離れた郊外にあります。

P1040605.jpg

KTMコミューターという郊外電車が走っていて、近くの駅からタクシーを使えばリーズナブルに訪問できるのですが、KTMコミューターがくせ者です。

こいつの頻度は30分に1本とかがざらで、ついでに始発駅のKLセントラルのプラットフォームも暗くて陰気です。出発時刻を確認しないで行くと酷い目に遭います。

現地で働いている人も、KTMコミューターはあまり当てにしていないようで、郊外の人の出勤は車を使っている人が多いです。
また、クアラルンプールから30-2時間程度離れたところにも、複数の工業団地があります。

こんな風に、途上国と先進国のはざかいにあり、便利さと不便さが同居する街、クアラルンプール。
次回、この街での日本人の求人動向についてお話しします。


関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-05-05 | 13.クアラルンプール就職活動 | トラックバック:(1)件 | コメント:(0)件
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【クアラルンプール就職活動その1 先進国入り寸前!大前研一アドバイザーの元、日本を見て成長した国、マレーシア】

今回就職活動した7カ国で、もりぞおさんが一番興味がなかった国がマレーシアでした。ついうっかり存在を忘れてて、他の国々を調べたときにふと気がついたのが「あれ?マレーシアっ
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。