アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸運なことに日本人に生まれたあなたに贈る、アジア海外就職のススメ」 はじめてのアジア海外就職「あとがき」も公開しました

 2012-03-03
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
文章を全て書き終えて、ジャカルタで就活中に書いた「あとがき」を公開します。
私が、海外就職に思うことをすべてまとめました。

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る


「ちょっと、日本でいい職場が少なくなってきたから、海外でも見てくるか?」

 私の海外就職活動は、この程度のノリで始まりました。

 移住といっても、家族と今生の別れを告げ、船で何ヶ月もかけて行くのとは大きく違い、飛行機で数時間の距離。現地に行っても、たくさんの日本人がいて、日本の食べ物があり、インターネットで日本のことを日本にいるのと同じタイミングで知ることができる時代。移住の持つ言葉の重さは大きく変わっています。
 
30年ほど前、大企業に入ったら、一生その会社に奉公することが当然であり、転職というのは一部の異端児がやることだと認識されていました。しかし、今や、大企業であっても転職するのはあたり前。世間には転職に関する情報があふれています。

 これに対して、海外の企業に就職する際に情報を集めようとしたのですが、情報量が非常に少なく、また各地に点在しているため見つけるのに非常に苦労しました。そこで、私が海外就職をするにあたって集めた情報に、自分が海外就職を実際に行った体験を加えたのが本書です。

 私は日本国内での転職が一般的になったのと同様、近い将来海外に転職をするという道も一般的になってくると思っています。

 実際、日本企業は世界各地に事業所を作り、世界各国の人にものを売っています。
情報はインターネットを通じて瞬時に地球上のあらゆるところから届き、同様にお金も世界各国を飛び回っています。ものと金と情報が世界中を自由に飛び回るのだから、それに合わせて人も飛び回るようになるのは自明です。もっというと、飛び回れる人が価値を持つ時代になるのです。

 アジア各国を飛び回り、現地の就職エージェントを周り、企業で面接を受けて思うのは「日本で転職活動をするのと変わらない」ということでした。新幹線に乗って名古屋に行くか、飛行機に乗って香港に行くかの違い。そして、企業ごとに文化の違いがあるように、国ごとに文化の違いがある。それだけの話。

 もちろん、この文化の違いを受け入れることは時として難しいです。しかし、所詮人間同士なので超えられない壁ではありません。そして、それを受け入れたという実績は自分のスキルのひとつとなり、将来の自分の可能性を広げてくれます。
 日本で培ってきたスキルに、文化の違いを受け入れるスキルを加えることで、そのあとにできる仕事の選択肢は格段に増えます。そのまま海外で働き続けることもできるし、別の国に移ることもできる。国籍を関係なくグローバルに活動することもできるのです。

 過去にアジア各国で通貨危機があり、その後アメリカで金融危機があり、現在ヨーロッパでも金融危機が起こっています。このような大きな危機に対して、我々個人は非常に無力と思いがちですが、今の世の中、お金を外国に逃がしたり、自分自身が海外に移り住んだりするのはそれほど難しくありません。大切なのは、どのようにそれ
を行うかを知り、準備をしておくことです。

 その準備として、アジアでの海外就職をどのように行うかを知っておくことは非常に大切です。そして、できたら実際に転職をしてスキルを身につけておけば、不慮の事態があったときの助けとなります。

 私は、何が何でも日本を脱出するべきだとは思っていません。でも、日本でうまくいかないなあと思ったときに、ひとつの選択肢としてアジア就職を検討してみると、もしかしたらそこに突破口があるかもしれません。

 日本は、財政は危機的だし、産業は衰退途上だし、政府はぼろぼろだし、年金は崩壊寸前だし、いいことないなあと思っている人はたくさんいると思います。

 しかし、アジアのあらゆる国への航空券を買うことができる経済力を持ち、多くの国にビザなしで訪問できるパスポートを持っているのは日本人の特権です。そして、アジアの各地に先人がいて、就職先を用意していてくれるのですから、日本人に生まれたことはラッキーとしかいいようがありません。

 そんな、素晴らしい国に生まれたことの特権を十二分に活用するためにも、海外に飛び出すという道を検討してみてください。そして、状況が許せば、実際に海外に飛び出してみましょう。そこで得たスキルを使って日本に還元することが、多くの日本人のそして日本国のためになると信じています。

 この本を読んで、そんなことにチャレンジする人が一人でも増えてくれたら嬉しいです。

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る

関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-03 | 00.広告 | トラックバック:(0)件 | コメント:(1)件
コメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/27(金) 23:41 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。