アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

香港就職活動その3 香港の物価で快適な日本的生活が営めるか編

 2012-01-17
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
香港で買い物をしていると、物価は日本より格段に安いのが分かります。
例えば、セブンイレブンの値段はこんな感じ

水 ペットボトル500ml 6香港ドル(60円)
コーラ ペットボトル500ml 8.5香港ドル(85円)
ポテトチップス一袋 11香港ドル(110円)
カップ麺 7香港ドル(70円)

 これを見ると、ものによって違いはありますが、大体半分から2/3の間だと言えると思います。

 また、地下鉄やタクシーの初乗り運賃は、

地下鉄初乗り 4香港ドル 40円
タクシー初乗り 18香港ドル 180円

と、1/3以下であり、非常に安価に移動できる都市です。(都市自体が小さいので、どこへ行くにも時間もお金もかからないというのがさらに拍車をかけます)

 また、街を歩いていて分かるのが、安いものを売っている店と高いものを売っている店が混在していると言うことです。
ラーメン一杯150円程度の安食堂から、一食数千円、数万円の高給レストランまで市街地にはあふれかえっており、上手く使えば日本の半額程度の出費で暮らしていくことも出来ますし、高い金を払って日本と同じような生活をすることもできます。

 この、日本と同じ生活という点ですが、香港には日本で見たことがある看板が沢山出ています。至る所にある吉野家やセブンイレブン。中心街にある無印良品やユニクロや和民やラーメンの一風堂。そして、住宅地にはスーパーマーケットのジャスコもあります。なにせ、ジャスコだけで香港内に10店舗以上、吉野家なんて50店舗以上もあります。

 海外にある日本料理屋や日本の小売店は、日本人相手専用の変なものを高く売っているというイメージがある方もいると思いますが、香港ではこれらの店は完全に香港人向けに商売をしています。(もちろん、日本語のメニューなどもありますが)。

 値段に関しても、一風堂などは日本と変わらない値段ですが、吉野家なんかは時間帯によって値段を変えるといった香港仕様の料金体系を作っており、安いときなどは牛丼(+日本茶)で15香港ドル(150円)という、日本で「激安」と言われる料金体系のさらに半分を行っています。

 また、フードコートなどに行っても、日本の焼きそばやカレーライス、豚のしょうが焼き定食などの店が、香港の地元の料理を扱う店と同列に並んでおり、一食15-30香港ドル(150-300円)で食べられます。
 完全に日本食が現地に根付いており、現地の食事と同じような価格で食べられるというのは非常に嬉しいところです。

 また、駅にあるキヨスクやセブンイレブンに入っても、日本のお菓子がそのまんま売っていることが多いことに気づきます。

香港写真

 さらに、ジャスコなどに行くと中はまるで日本のスーパーと変わりません。
 日本米は日本で買うより安いですし、その他の食品も生ものとか液体はおそらく輸送の関係もあり値段が高めですが、カレー粉とか乾麺とかは日本よりも安いです。

 この様な日本スーパーは、世界のあちこちの都市にあるのですが、現地人も普通に使っていて、値段も法外に高くない、そして品揃えが豊富という点で香港のジャスコは非常に使い勝手がいいです。

 上記の様な点から見て、私が感じたのは、香港は「日本以外で一番安価に、日本に近い生活が出来る都市」ということです。初めての海外生活をするにあたって、この環境は非常に大きなメリットなのではないかと思います。

 また、給料が安く家賃が高いという話をこの前にしていますが、物価の安さを考えれば、家賃がリーズナブルな家さえ見つければかなり楽しい暮らしが出来るのではないかと思います。
 ジャスコではないスーパーで、現地のものを買うとさらに安いですので、これを上手く使えばさらに生活費のコストダウンはできます。

 そんな工夫をしながら自分の立ち位置を考えて行く作業が、グローカル人材としての修行の一部であり、ひとつの国でそれが出来た経験があると、他の国でもまあなんとかなるだろって気になって、新しい国でチャレンジすることへのハードルが低くなるのだと思います。

 その点、香港は日本に近いところが多く、グローカル人材への第一歩としてとてもやりやすい国だと思いました。実際、香港で暮らしている人と話をすると、「快適すぎて日本に帰れない」とよく言っています。
 
 その1その2でネガティブなことを書きましたが、トータルではバランスが取れてて、働き、暮らすのにいい国だなと感じました。
 もちろん、職場環境と報酬によって大きく左右されるので、就職活動は気合い入れてやらなくてはならないのですが。



関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-01-17 | 07.香港就職活動 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。