アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

香港就職活動その2 香港の会社が求める人材と給料編

 2012-01-10
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 香港では多くの日本人人材の募集が行われていますが、特に多いのが製造業、物流・貿易業、金融業界になります。それ以外では、IT業界や日系のレストラン・小売りなどの店長候補やバイヤーの仕事や業種を問わず、購買やマーケティング、総務、会計担当、営業事務や帳票作成などを行うアシスタント業務やもあります。

 製造業の仕事で一番多いのが、製品の営業。日系企業相手に自社の製品をセールスする営業です。また、金融でも金融商品などの営業が多いです。もちろん、生産管理や製造の技術者の求職も多数あります。
 日本人を募集しているのは9割方が日系企業で、香港企業や日本以外の外資企業は少数です。
 香港で必要とされている人材は、「スペシャリティがあり即戦力になる人」です。
 安くて英語が喋れて広東語も喋れて、場合によっては日本語も喋れる香港人がいるので、日本人にしか出来ない専門的な仕事ができないと厳しいのです。

 そのため、実務経験3年以上ある人材が求められており、新卒からいきなり香港で就職するのは非常に難しいです。
 現実問題、キャリアがないとビザも下りにくいのですが、これは企業のパワーによってなんとでもなるので、まずは企業に採用されることが大切です。

 語学に関しては多くの会社で英語を中心に行われます。日系企業で自社の日本人や日系企業の担当者の日本人と話をするときは日本語ですが、自社の香港人スタッフなどと話をする場合は英語です。日本以外の外資系企業ではもちろん英語の場合が多く、香港企業で働く場合は英語+広東語になります。
 中国相手の商売が多い会社では、北京語が必要な場合もあります。

 そして、何度か言われたことが「日本人として、きちんとした日本語が話せる必要がある」と言うことです。日系企業でも、香港企業でも、外資系企業でも、一番求められていることは日本人ときちんと仕事の話をまとめ、実行することですので、このコミュニケーション能力が少ない人は採用される可能性は低いです。

 そんな感じでなかなかハードルの高い採用状況なのですが、給料はこんなもんです。

■営業や事務(アシスタント)の仕事
 月給15000香港ドルから25000香港ドル(15万円から25万円)
■キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者
 20000香港ドルから35000香港ドル(20万円から35万円)

 一般的に、ダブルペイといって12月に1ヶ月分の給料が追加で払われ、さらに業績に応じて給料が支払われるため、年収は「月収×13ヶ月+α」ということになります。

 もちろん、希少な技術を持っており、それが企業が求めるのとぴったり合っていればもっと上の給料が提示されます。

 また、上記の給料は税引き前ですが、税金は日本みたく源泉徴収ではありません。
 年一回の徴収で、税率は日本よりも低いため、ダブルペイで税金を払っても大きくおつりがくることがほとんどのようです。
 あと、保険や年金がどうなっているかは会社次第。まあ、大体医療費はほぼ保険から出るレベルの保険はかけて貰えるみたいです。

 残業代は出ない会社が多いですが、そもそも残業がない会社も多くあります。少なくとも香港人は定時で帰ってしまう人が多く、日本人も一緒に帰るか、そのフォローを日本人がやるかは会社次第。この辺は確認が必要です。

 前回紹介したとおり、ワンルームマンションに6-9万払わなくてはならない現実から考えるとちょっと安いかな。。と思える水準です。

 ただ、給与は会社によって違いますが上昇することはあるようです。
 また、香港では、今の仕事でキャリアを積んで新しい仕事に転職することで給料を増やしていくというのが一般的なため、現地採用の最初の給料は低いことが多く、現地でヘッドハンティングされることで給料を増やしていくことが多いそうです。

 実際、日本人も香港人も職務や役職によって給料は飛躍的に伸びる可能性があるので、そこはあなたの実力(と運)次第。ということになります。

 事実、日本で派遣社員をやっていた人が、香港で提示された給料が日本よりも高く、さらに数年間働いて日本にいたときの倍になったというような事例もあります。

 身も蓋もない結論ですが、全ては実力次第。
 そして、自分で主張し、行動に移した人の方が、良い職場を手に入れられるのです。
 日本でも同じことが言えるのですが、香港の方がしがらみなく、すぱっと移動できて気持ちよさそうな気がしました。
関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-01-10 | 07.香港就職活動 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。