アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャカルタ日本人現地採用事情 新卒月給14万円!物価は半額以下なので即セレブ!そしてもう一つの素晴らしいメリット

 2011-10-27
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 バリ→ジャカルタ→バンコクという就職活動の視察旅行から帰ってきました。
 バリではリゾートを満喫しただけですが、ジャカルタ、バンコクでは大変有益な情報を得ることができました。
 この辺について、これから記事にしていきます。

 まずは、インドネシアの首都、ジャカルタ。

 以前の記事でインドネシアの超大国っぷりはお伝えしましたが、

インドネシア。実は中国、インド、アメリカの次に人口が多い超大国。しかも平均年齢27歳!

 その首都であるジャカルタはまさに高度成長期でした。

・日本企業が続々と進出してきて、その視察の対応に現地駐在員はてんやわんや
ジャカルタの物価はこの8年で体感で2倍くらいに上がっている(定期預金の金利は6%以上
・それに伴って、インドネシア人の給料も2倍になっている

 所得倍増計画がナチュラルに実行されている都市です。

 こんな都市の日本人は求められているのか?

 答えは、「とにかく日本人が足りない。新卒でもいいから来て欲しい」

 実際に、新卒・英語がイマイチでも手取りで14万円出すという求人があるそうです。
 
 シンガポールや香港では業務経験なし、英語がイマイチなんて相手にもされません。
 中国では、日本での就業経験が2年以上ないとビザがおりない確率が高いです。
 オーストラリアでも、ビザの申請基準から考えて論外です。

 ちゅか、手取りで14万円って、日本の大手メーカーの新卒初任給の手取りと大して変わらないじゃないですか!?

 しかも、これに加えて、会社からは運転手付の車が支給されます。
 また、ジャカルタの物価は綺麗なレストランで食事をしたり、ちゃんとしたスーパーやコンビニで買い物をしても東京の半分以下です(現地人並の生活なら1/5-1/10です)
 住居も、6万円程度でタワーマンションに住めます。
 メイドも、月1万円程度で雇えるそうです。

 この辺の生活環境については、この下記のの記事に詳しく書きました。

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

 が、月14万円の給料は現地の感覚からいうとかなりの金額になるということが分かります。

 もちろん、上記の給料は「新卒・英語イマイチ」のものであり、もっとハイスペックの人材であれば給料は跳ね上がります。
 現在一番不足しているのが、金融系の人材で、このスキルがある人材であれば、月35万円といった求人もざらにあるそうです。

 ハッキリ言って、他の国から比べたら、ジャカルタの日本人現地採用の待遇は破格です。
 つまり、「日本人であること」に対する価値がものすごく高いということが言えます。

 現地で働いている友人の話でも、正直インドネシア人の仕事は(日本人的なレベルから見て)満足できるレベルではないそうです。
 そして、続々と参入してくる日本企業に対して、新たな仕事が次々に発生しているため、日本企業とのコミュニケーション力がある日本人は大変価値が高いです。

 それ故に(インドネシア人よりは高いと予想できる)ポテンシャルと、(学生レベルとはいえ、日本語ネイティブかつ日本的礼儀がある程度わかる)コミュニケーション力に、これほどまでの待遇を用意してくれるわけです。

 これは、既に多数の日本人が活躍しており、ビジネスのコミュニケーションの大半が英語&グローバルカルチャーである香港やシンガポールではほとんど見られない現象です。

 現在、新卒で就職できなかったり、ブラック企業に捕まったりして、日本で十分なスキルを積めていない人は多いと思います。
 そんな人にとって、「日本人であること」がスキルとして認められて、買ってもらえるジャカルタという市場は非常に魅力的だと思います。

 そして、既に日本でスキルを身につけている人にとってもですが、ジャカルタで働くことは非常に重要なスキルを身につけることが出来ます。

 異文化の中で、外国人と協力して仕事を進めるスキル

 上司が外国人になっただけで大騒ぎになる島国日本。しかし、若い人がどんどん減っていき、国内の需要がだだ下がりの現状から見て、海外で商売することや、国内に外国人を呼んでくることは絶対避けて通れないものです。

 その時に、必ず必要になるのが「異文化の外国人と協力して仕事を進める」スキルであり、このスキルの価値は今後日本国内でもどんどん上がっていくと考えられます。

 新しいビルが施設が次々と建造され、どんどん発展していく街の中で、
 所得がどんどん伸びていき、去年より来年の方が、昨日より明日の方が、よりよい生活が待っている!と本気で感じている人と一緒に働きながら、

 今持っているスキルを有効に活用しながら、
 これから重要になるスキルを身につけることが出来る、ジャカルタ就職。

 金銭的に裕福なセレブ生活が出来るというだけでなく、精神的にも非常に満たされた生活が出来るのではないかと思うのです。

 もちろん、異国・異文化(イスラム教だ!)の中で生活し・働くことにたくさんの困難もあるでしょう。
 でも、それを上回るメリットがありそうだなあと、心から感じたジャカルタ滞在でした。

 次回は、そんなジャカルタに住むことを前提に、私が街中を歩いた印象をお伝えします。


関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-10-27 | 02.インドネシア準備編 | トラックバック:(1)件 | コメント:(3)件
コメント:
No title
はじめまして。とても興味深く有益な記事ですね。
楽しく読ませていただいております。

質問が2つほどあるのですが、
1:もりぞおさんがお話を伺ったのは現地企業でしょうか?それとも日系企業のインドネシア支社になるのでしょうか?
2:個人的にバリ島にも興味があるのですがバリ島の物価もジャカルタ同様日本の3分の1程度なのですか?

これからも様々な記事を待っております☆
2011/11/05(土) 12:04 | URL | ken #-[ 編集]
お答えします!
1.日系企業のインドネシア支社です。インドネシアの現地企業は正確には分からないですが、インドネシア語が出来ないと厳しいと思います。
2.バリの物価も普通にモノを買う分には変わらないかと。ただし、日本人向けのサービスを買うときは高いですよ!1日ツアー89ドルとか
2011/11/05(土) 13:23 | URL | もりぞお #-[ 編集]
ありがとうございます
素早い回答ありがとうございます!
うむむ…今からゼロから新しい言語は厳しいので、日系企業がベターですね。
とりあえず留学が終わったらどんどん職探ししてみます!
ありがとうございました。
2011/11/05(土) 14:10 | URL | ken #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本全土落下傘計画 九州編 1/8~日本の買物

台湾経由の夜便でシンガポールから成田に移動する。総移動時間は0:55発->10:40着なので若干遅いが、トロンボーンを運ぶ都合上、15kg以内の荷物の料金を加えて、片道で314SGD(約25,000円)。日本は、私が日本人でビザを気にする必要が無いので、飽きてきたら帰れば良いという自由度を活かそう。片道ずつチケットを取ってもLCC様のお陰で、料金が変わらない時代になった。 準備はある程度シン...
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。