アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

「君はこんなにワクワクする世界を見ずに死ねるか」を読んで、自分の立ち位置を再確認した

 2012-07-23
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 田村耕太郎さんの著書「君はこんなにワクワクする世界を見ずに死ねるか」。

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?
(2012/06/28)
田村 耕太郎

商品詳細を見る


 現在、3刷りも売り切れで大変らしいのですが、私はタイトルだけでワクワクして初版本をほぼ発売日に買いました。

 まず、スゴイのが第一章のワクワクさせっぷり。
 アメリカでの魅力的な友人、インドのカオスな街と人、シンガポールのエネルギー、たたみかけるように、次々と、硬軟織り交ぜて投げつけられるワクワクする世界。

 田村さんの足下にも及ばないレベルですが、私も世界50カ国を渡り歩いて、多くの人に会い、ワクワクしてきた身として、その頃を思い出したり、まだ見ぬ土地に思いを馳せたりして、夢中で読み進めてしまいました。

 そして、続く、第二章のインタビューで出る人々の魅力。
 それぞれがそれぞれのポリシーを持って、既存のレールなんて無視して世界で活躍している様子は楽しくて仕方がありません。

 しかし、次の留学指南のところでテンションはすこし下がります。留学中に得られるものは魅力的であり、留学の先に待っている世界はこの上なくエキサイティングです。
 しかし、その留学に赴くまでのハードルは高く、英語力などの努力が必要な事はもちろん、一般家庭では捻出出来そうもない高額な費用も誠実に書かれています。

 この誠実さが、田村さんの優しさなのだと思います。本の勢いを重視するなら、その高いハードルを意識させない書き方もできたはずです。しかし、実際にチャレンジする人のためにはそのハードルの高さの情報こそが必要なものなのです。

 私も「アジア転職読本」なんて本を書いて、海外で働く事の魅力を書いています。その際に気をつけていることが、いいことばかりに偏らないように書くことです。

 欧米よりハードルが低いとはいえ、アジアで働くためには語学学習も必要ですし、身体的、肉体的ストレスも多くかかります。
 給料の絶対額も、初任給に近い人であればともかく、ある程度キャリアを積んだ人であれば下がることが多いです。

 そこで、私のポリシーとして、自分が直接人材を企業に紹介してフィーをもらうのは辞めるようにしています。そうすると、多くの人を企業に押し込むことによって利益が上がるようになり、魅力だけを伝えることにインセンティブが働いてしまうからです。

 そもそも、私は全ての人が海外で働くべきだとは思っていません。ただ、多くの人に海外就職という選択肢を知って欲しいと思っています。私はそのために、本を書いたりblogを書いたりしています。

 いじめを受けている小中学生の一番辛いのは、その小さな世界が全てだと思い、その小さな世界で否定されていることが、自分を取り囲む全てに否定されているのだと勘違いしてしまうことです。
 こういう人は、塾などの別の世界に所属することで救われることが多々あります。

 同様に「仕事が辛いなあ。でも、これを辞めたら他に働き場はないよなあ…」という人には、是非、日本以外で働くという選択肢を知ってもらいたいと思います。例え、現時点では色々な制約があり挑戦できなくても、努力すれば、リスクをとれば、時が来れば挑戦出来るレベルの選択肢があるということを知るだけで、追い込まれた気持ちは、少しは解放されるんじゃないかと思います。

 そして、さらに一歩進んでリスクをとって海外に踏み出すべきかを考える人たちのために、より深く海外就職を知る場を設けようとしています。海外で働く人たちに質問できるオンラインコミュニティや、詳しい内容を直接お話しするセミナーがそれです。

 田村さんの本書でも、国境を超えた先にあるワクワクする世界を伝えることで、多くの人の気持ちを解放してくれます。そして、実際に足を踏み出そうという人たちのために誠実に現実的な情報を伝えてくれます。

 そして、最後に、日本の素晴らしさと、その日本を支えるための人材になってくれというメッセージがあります。国境によるハードルが下がっている今、そして今より下がっていくであろう未来に必要なのは、海外で働いた経験を持っている人材なのだと。

 きっと、日本で実直に働いてきた人たちが、海外で働いた人の仲介を経て、外国人と協業していくことで、新しいモノや豊かさを生み出していく。そんな未来こそが、タイトルにある「ワクワクする世界」なのかもしれません。

 本書は、なんとなく、日常に閉塞感を持っている人に、坂の上のワクワクする雲を見せてくれます。そして、その雲にたどり着こうとする人に、精一杯のエールと実例とハードルを見せてくれます。

 何か新しい事を知りたい、新しい事をやりたい全ての日本人の人に、おすすめです。

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?
(2012/06/28)
田村 耕太郎

商品詳細を見る


アジア転職読本アジア転職読本
(2012/07/20)
森山 たつを

商品詳細を見る

 

関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-07-23 | 99.海外就職あれこれ | トラックバック:(0)件 | コメント:(1)件
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/24(火) 16:47 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。