アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職質問会 もりぞおさんにいろいろ聞いてみよう!追加公演のお知らせ

 2012-03-29
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
small__5781815863.jpg

 3/5のツアーに引き続き、3/25(日)に新宿でセミナーを行わせていただいたのですが、おかげさまで大盛況!50名の会場が満席でした!

545880458.jpg
(満席で入りきれなかった方申し訳ありませんでした
 この講演会の模様は、@ easygoinghirokiさんがまとめてくれました
 『はじめての海外就職』出版記念講演会20120325

 その後、もっと話を聞きたい。質問をしたいというご要望をいただきましたので、非公式に、ゆるく、お茶会みたいな形で「海外就職質問会」を行う事にしました。

 会の内容はこちらです。

【日時】
2012年4月14日(土)13:30-16:30 満席!
2012年4月15日(日)13:30-16:30 満席!
2012年4月07日(土)13:30-16:30 満席!
※全日程とも同内容のセミナーとなります

【内容】
5-10人の少人数セミナーです
ざっくばらんに、海外就職に関する質問を受け付けます
当日会場には私が集めた各種データや、日本では入手しにくいマニアックな資料などを持ち込みますので、これらを踏まえて回答致します
会場の会議室ではお茶とお菓子をお持ちしますので、つまみながらゆるくお話ししましょう

【場所】
4/7,15 小田急線 参宮橋駅近くの会議室(新宿から2駅・3分)
4/14:西武新宿駅上石神井駅(高田馬場から急行で13分)から徒歩5分の和室

【料金】
4,000円(税込) 飲み会一回分!
当日会場払いにします。ドタキャンしないでね!

【定員】
10名(10人以上になったときは適度なところで締め切り、基本抽選とします)


まずは、こんな感じで始めてみようと思いますので、よろしければこのページからお申し込みいただけたらと思います。

あと、会場で本にサインしてくれ!とか、本売ってくれ!とか、何でも受け付けます。

関連記事
スポンサーサイト
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-29 | 00.広告 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

セブに行ったらジンベエザメに会いに行け! 凄まじすぎるジンベイザメダイブ&シュノーケル

 2012-03-28
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 セブから帰って一週間。色んな作業が全く進んでないのは気のせいでしょうか。。気のせいでなければ、セブボケか花粉症が原因です。

 そんな風にまだいいわけとして引きずっているセブですが、セブに行った一番の目的はちきりんさんとこの動物に会うことでした!

P1000598.jpg

 ジンベエザメダ-!

 セブ島の南端。空港やビーチリゾートがあるマクタン島から車で3時間。(ラングリッチがあるセブシティからは4時間弱)
 元々、綺麗なダイビングスポットがあるところとして有名だったスミロン島周辺に、2011年夏頃に突如ジンベイザメが迷い込んできて、さあ大変。

(地元漁師が餌付けしているため)沿岸の海域に毎日のようにじんべえくんたちが訪れ、彼らと一緒にダイビングやスノーケリングで泳げるという夢のような状況になっているわけです。

 それゆえに、この辺は一大観光地と化し、各種ダイビングショップがこぞってツアーを出しています。お値段が、ダイビングツアーで1.6-2万円くらい(機材込み)、シュノーケリングツアーが1.3-1.6万円くらいと、フィリピンの物価から考えると法外に高いのですが、じんべえくんに会えるなら安いもんです。(同じように季節限定でじんべえくんに会えるところがメキシコにあって、私はジンベエくんのためだけにメキシコに行こうと思ってた)

 で、朝5時にマクタン島のホテルを出発して、車に揺られること3時間。さらに岸から船で15分くらい。機材を背負って海に飛び込むと、

P1000565.jpg

 じんべえくんだーーーーーー!!!!!!

 さっそくいました、ジンベエくん。
 ちなみに、去年からジンベエザメに会えなかった日は一度もないらしく、今回も3頭のじんべえくんたちと遭遇できました。

 ジンベエザメは、世界最大の魚類であり、地球上でクジラの次にでかい生物。(英語名はホエールシャーク)
 船と比べても、こんなにでっかい。

P1000572.jpg

 どの動物もそうなのですが、好奇心が旺盛で人間の近くまで来てくれるのは子どもが多く、今回も見れたのは4-5m級の子どものじんべえくんたちでした。
 それでもこんなにでっかい。

P1000563.jpg

 たまに訪れる大人のジンベエザメはどんなことになってしまうのだろう。。

 そして、でかいモノにはコバンザメがつくというのはどこの世界も一緒。

P1000609.jpg

 この写真を見ても分かるとおり、じんべえくんは水面に近いところを泳いでおり、シュノーケリングで充分楽しめます。
 むしろ、ダイビングだとこんな風に

P1000602.jpg

 下からのぞき込むことになり、ちょっと距離が出来てしまいます。
 もしかしたら、シュノーケリングの方が楽しいかも…。

 ただ、この周りの海は、たくさんのカクレクマノミがいたり、

P1000705.jpg

 パープルビューティーの群れがいたり

P1000679.jpg

 と、素晴らしいダイビングスポットでもあるので、ダイビングもおすすめです!

 こんな経験が出来る場所、世界でもそうはないので、セブに来たらなんとしてでも行って見ることをおすすめします!


 ちなみに、もりぞおさん的3大ダイビングスポットは、エクアドルのガラパゴスダイビング、バハマのドルフィン&シャークダイビングと、ここです。マジ凄い。ちゅか、今すぐまた行きたい。
 
関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-28 | 03.フィリピン留学 セブ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

佐々木俊尚トークショー「「当事者」の時代」~結論:解はない。出来ることを淡々とやるだけ

 2012-03-24
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
先日、ダンディーなジョブス風ファッションに身を包む、佐々木俊尚さんのトークイベントに行ってきました。

sasaki-200.jpg


彼は、電子書籍の衝撃などの著書やtwitterの朝のキュレーションでおなじみのジャーナリスト。私はかなり昔からちょいちょい著書を拝読させていただいており、なかでも、ケータイ小説の作家を取材することで、郊外に住む人たちの状況を掘り下げた「ケータイ小説家」が一番のお気に入りです。

今回のイベントは、新刊「「当事者」の時代」発売記念イベントです。

「当事者」の時代 (光文社新書)「当事者」の時代 (光文社新書)
(2012/03/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


本書では、彼が新聞記者時代に行った警察回りの取材の記者と警察官との慣例の二重性や、古代日本の神社の風習、アメリカの各種白人と黒人との関連性など、古今東西たくさんの分野の分析を行いながら、「当事者」性のなさが発生する原因を掘り下げていっています。

このトークショーの中でも、本書を書くきっかけとなったいくつかの事件を解説してくれたのですが、私の心に残ったのは、終盤に語っていた90年代と現在の日本の状況の変化です。

私が勝手に解釈した内容を、佐々木さんが説明に使った資料に私が一部改編した図で説明してみましょう。

当事者1

昔の日本はTVなどに出てくる幸せそうな家族=平均的な幸せの風景=中流層がほとんどであるということになっていました。
そして、新聞記者などのマスコミは、家庭を顧みないハードボイルドな異端と自分で思っており、中流から距離をとってその状態を報道していました。

その中流の状況を浮かび表すために使われたのが、マイノリティの存在。
マスコミは、中流よりも悲惨な状況にあるマイノリティ=弱者に憑依し、新聞紙面上で勝手に自分たちの辛さを吐露し、結果として中流層を肯定するような記事を書いていたわけです。

心をなくしたシステムエンジニアの悲惨さを勝手に代弁することで、大衆の溜飲を下げるような報道。システムエンジニア本人は結構楽しくやっているというのに。

しかし、現代。経済が衰退し、今まで「中流」の名前でひとくくりにされてた中身が、ひとくくりに出来ないくらい分裂してきました。

当事者2

この様な時代に、弱者に憑依することは意味がありません。
リアルに困っている人がそこら中にいるなかで、幻想のマイノリティを代弁して悲劇を語っても、説得力が全くないのです。さらに、「異端」であったはずの新聞記者などマスコミは、実は上流の方の人間だということもばれてしまっています。

震災時の報道で心を打つ記事が全国紙ではなく、現地の地方紙であったり、現地で活動する人たちのblogでした。それは、彼らが「当事者」であったからなのです。可哀想な人に憑依するだけの全国紙からは「当事者」の感情を感じることができなかったのです。

私も今、海外就職を自ら実践している「当事者」であり、その情報を多くの人に伝えることを生業としています。
本書の感想やtwitterでの意見を読んでいると、この当事者性に共感して自分もやってみようと考えてくれる人が多いことに励まされます。

しかし、海外就職を目指す「当事者」の中でも、私はかなり恵まれている部類に入ります。上記の図の中で見ると、都会に住んでいる正社員としてキャリアを積んでおり、しかもそのキャリアがアジアでの需要とマッチしているという幸せっぷり。
そんな私の海外就職活動は、日本で働いていてもチャンスがないから海外を目指す!という人の当事者性を代弁していないのでは…ということをうすうす感じていました。

さらに、私は海外就職というのは、日本で上手くいっていない人へのもう一つの選択肢であり、上図の下の四角に入っている人にこそ検討してもらいたいことです。
しかし、twitterやblog、書籍を中心とした情報伝達で、私が最も伝えたい人に情報は届くのでしょうか。。

結論から言うと、すんなり届けるのは無理そうです。

地方の若者に対しての情報発信手段として、ヤンキー雑誌やギャル雑誌はある。しかし、それ以外のまとまった情報源はまだ作られていない。地方のご近所コミュニティにも、ネットではアクセス出来ない。
今、最も多くの人に伝えるための手段としてテレビがありますが、それに載るための手段として「困窮する若者!絶望の日本!希望はアジアだけ!」みたいに、勝手に若者に憑依するマネはしたくない。

あくまでも、自分がやってきた経験と、取材した客観的な事実を元に、メリットもデメリットも真摯に伝えるしかないと考えさせられました。
そんな情報が、twitterでRTされたり、時々雑誌に載ったり、もしかしたらテレビ局の人の目にとまったりして、だんだんと広がっていうのを待つのがいいのかなと改めて考えています。

1人1人がやれることを自分でやってくしかないんです。
私は、自分の出来る範囲で情報を発信する。
困っている人は、自分のできる範囲で情報を拾っていく。
そんななかで、上手く巡り会えて、実際に情報が行動に変わって、誰かの人生をいい方向に向かわせることが出来たら…。

そんなことをゆるく考えながら、引き続き、淡々と情報を流していきますので、今後ともおつきあいいただけたらと思います。

「当事者」の時代 (光文社新書)「当事者」の時代 (光文社新書)
(2012/03/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る

ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分”ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分”
(2008/11)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る




関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-24 | 00.広告 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

セブで、ちきりんさんたちと共演してきました!〜お膳立てする人と煽る人の共演

 2012-03-19
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
1週間ほど更新をサボっておりました。もりぞおです。
海外就活中も更新してたのに、一体何をしてたのかというと、セブ島で遊んでました。

あの、大人気bloggerちきりんさんたちと。

P1050015.jpg


今回の6日間のセブ島は8割純粋な遊びで、残り2割が以前私が1週間ほど(カミさんが1ヶ月ほど)お世話になった、セブの日本人経営英語学校・ラングリッチのパーティーへのお呼ばれです。

「セブの六本木ヒルズ」と呼ばれているらしい場所に新オフィスを設立し、それを記念したフィリピン人講師200人以上が参加するパーティーがメインイベントでした。
ただ、個人的なメインイベントは、パーティーの前に「ラングリッチサミット」と題して、ゲストのメンバーでUSTでの討論会があり、それに参加させていただいたことです。

Cebu Summit
↑ここをクリックすると動画が見れます

最初の6分は音が割れてるのですが、それ以降は安定するので、7分目から見ることをお勧めします。(私の自己紹介が切れますが)

参加メンバーが妙に豪華。
まず、筆頭は、ネット上の超有名人。著書も10万部以上売れてる日本最強お面ブロガー、ちきりんさん@InsideCHIKIRIN  

それ以外も、
日本一のニートを目指してる @pha さん 
世界中のビジネスマンと会いながら世界一周してる 太田英基 さん @mohideki 
アジア7カ国で就活している私、もりぞおさん @mota2008

英語添削サイトlang8のCEO やんやん さん @yang8
会社経営とか執筆しながらノマドしてる 大石哲之 さん @tyk97   
ラングリッチCEO 占部さん @curiousir

黒幕(ってか司会)が日本人起業家への投資&支援を行っている加藤順彦さん @ykatou

3月半ばの決算期のクソ忙しいときに、セブくんだりまで来れる人ってことで、社畜はいるわけないのですが、やっぱり、最初の4人がほぼ無職、後半3人が経営者でした。NEETとCEOは紙一重。

実は、この懇談会、ダラダラしたダダ漏れは避けようということで、事前に話すことは決めていました。1つめの話題が英語学習、2つめの話題が海外就職。
さすが、blogやtwitterでコメント慣れしている人ばかりなので、短時間で明確なコメントがポンポン飛び出して、非常にテンポよく話が進んでいきます。

そんな中メンバー全員の意見が一貫しているのが、ちきりんさんのまとめの言葉にあるように
「英語学習とか、海外就職って、すげえチャンスだよね!」
ってことです。

変化を恐れるのではなく、チャンスだと感じる人たちとの話は本当に楽しいです。
多くの人がフィリピンに英語留学したり、アジアで海外就職したりする時代を、

「日本で生きていくことすら出来ない哀しい時代」と捉えるか、
「海外の好きな国に行ったり住んだり出来る幸せな時代」と捉えるか

どう考えても、後者と捉えた方が幸せになれるわけで、そんな変化に対応できる人生にするために、色んな経験を積んでいくのがいいんじゃないかなーと思うわけです。

Phaさんが吐いた名言
「ニートは海外就職を考えてみた方がいいんではないかとおもう」
にしても、日本社会に上手く適応できなかった人が、海外で働いたら上手くいくかもしれない。そんな選択肢を持てるって、すごく豊かなことだと思います。

そして、(中国国籍の)やんやんが言った
「日本人であることはすごく恵まれています。中国籍の自分はフィリピンに来るだけでも色んな書類を提出しなくてはいけなくてものすごく大変だ」
という言葉は、「世界最強のパスポート」で世界中をふらふらしている太田さんや私は心から納得できます。

私が海外で実際に就職活動をしてきて感じたことは「思ったより簡単」ってことです。
それは自分の力があるからでは全然ありません。私の行った7カ国とも就活にビザなんて要らないし、どこの国にもたくさんの日本企業があり、日本のエージェントが世話を焼いてくれるという、日本人であることの特権があるからです。

そして、日本人に生まれた時点でもっているそんなチャンスをより一層享受するために一番効率がいいのが「英語を話せるようになること」です。
そのためのお膳立てを20代の日本の若者たちが、フィリピンで用意してくれているというのがまた実に興味深い。

ちきりんさんも、英語は道具でも義務でもなく、チャンスを掴むための扉!って言っていますが、まさにその通り。
ちきりんの日記 Opportunity, Tool or Duty 

ラングリッチの占部さんやLang8のやんやん(あと海外就職情報を提供する私)など、チャンスを掴むための学ぶ場所を提供してくれてる人と、
ちきりんさんや、「普通」とは違った生き方を提唱する大石さんやPhaさん、世界各国の色んな生き方を伝えてくれてる太田さんなど、いろんな事を教えてくれる人。

つまり、お膳立てをする人と、煽る人が集まった、ラングリッチサミット。
非常に面白いので、是非1時間の時間を作って、見ていただけたらと思います!

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る



自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
(2011/01/20)
ちきりん

商品詳細を見る

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)
(2011/11/03)
大石哲之

商品詳細を見る

3分でわかる ロジカル・シンキングの基本3分でわかる ロジカル・シンキングの基本
(2008/06/28)
大石 哲之

商品詳細を見る

フィリピン「超」格安英語留学フィリピン「超」格安英語留学
(2011/07/28)
太田英基

商品詳細を見る



関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-19 | 03.フィリピン留学 セブ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

はじめてのアジア就職活動 目撃情報をお待ちしております! 謝礼あり!

 2012-03-08
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
こんばんわ。もりぞおです。
Amazonで予約して頂いた方々に「遅れる、スマソ」メールが届いたり、「やっぱ、結構早く着く」メールが流れたりした、流浪の著書「はじめてのアジア海外就職」ですが、

はじめてのアジア海外就職はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る

3/7よりめでたくステータスが「在庫あり」になりました。
3/8夜に、一部の皆様には「出荷しました!」メールも行っているようで、これできっと、普通に皆様のお手元に届くようになったと思います。とりあえず、いち早くお求めになりたい方はAmazonでお願いします。

ただ、そうはいっても、リアル書店で買いたい!という方もいると思います。
出版社からは「東京と大阪の紀伊國屋や、ブックファースト、ジュンク堂など大手書店には入る」と聞いているのですが、まだ店頭で見かけていません。
そこで、著者自らが足を運んで確認してきたところ、3/9あたりから順次並んでいく模様です。

 しかし、入荷予定がない本屋も多数あり、皆様にご足労を書けてしまうこともあるかと思いましたので、本屋の在庫状況をこのページで共有することにしました。
  皆様も、書店で見かけたor店員に在庫状況を聞いたら、是非私にお知らせ下さい。

 ささやかなお礼ですが、一部マニアに大好評、もりぞおさんが世界中で見つけたバカな写真コレクションの第二弾、世界バカ写真コレクション2をお送りします。
 ちなみに、こんな写真が80枚以上入っています。

528805213.jpg

在庫情報or店員がこう言っていた情報はtwitterで下記のようにつぶやくか、

「はじめての海外就職 ××書店××店××コーナーにあった! @mota2008 #海外就職
「××書店××店ではxxと言っていた @mota2008 #海外就職
右側の「もりぞおさんにメールを送ろう!」からお知らせ頂きましたら、(twittarなら私からフォローさせて頂いた上)写真集を返信します。
また、私のFBページに投稿して頂いても構いません。

出来るだけ多くの方がスムーズに入手できるよう、情報共有よろしくお願いします!


なお、3/8 17:00現在、この様な状況です。
最新版はコチラをご覧下さい。

オンライン書店
店名Amazon
在庫状況3/8から在庫あり
売り場ココ
コメント上記リンクからの購入を推奨!
最終更新日3/7 17:00

リアル書店
店名紀伊國新宿本店
在庫状況3/9入荷予定
売り場3階語学コーナー(予定)
コメント入荷し次第電話連絡
最終更新日3/8 17:00

店名紀伊國新宿南口店(高島屋)
在庫状況入荷予定あり(入荷日不明)
売り場
コメント入荷日を確認して電話連絡
最終更新日3/8 17:00

店名ブックファースト新宿西口店(モード学園地下)
在庫状況3/10or11入荷予定
売り場
コメント入荷し次第電話連絡
最終更新日3/8 17:00

店名丸善 丸の内オアゾ
在庫状況なし
売り場
コメント取り寄せに最長2週間
最終更新日3/7 00:00

店名ジュンク堂池袋店
在庫状況なし
売り場
コメント予約分のみの引き渡し。店頭は増刷後
最終更新日3/7 00:00

海外書店
店名紀伊國屋 台北
在庫状況なし
売り場
コメント取り寄せに最長1ヶ月
最終更新日3/7 17:00




関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-03-08 | 00.広告 | トラックバック:(0)件 | コメント:(1)件
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。