アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンバカコレクション

 2011-12-27
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 前回の話で、次から香港就活の話を始めると言ったのですが、何とかなく新年から始めた方が収まりがいい気がしたので、もうちょっとフィリピンのことを書きます。
 期待してた人、もうちょっとお待ち下さい。

 フィリピンというのは、南国の島国らしく大変ゆるい国で、町を歩いていたら、こんなカフェがありました。

P1030179.jpg

 忍者というと、暗い、クールといったイメージがあるのですが、頭から葉っぱとか生えちゃってて大変癒やし系です。

 また、セブの離島とかはガラパゴス諸島と同じく守られた土地なので面白い動物がいます。
 その中でも一番人気なのがターシャという世界最小の猿です。
 ネズミくらいの体長の猿で、ちょーかわいい。

P1020555.jpg

ターシャ保護園みたいなところで見れるのですが、このターシャ一匹につき係員が一人ついてフラッシュをたいて写真を撮らないかを見張っています。さすが、人件費が途方もなく安いフィリピンという感じがします。
ちなみに、このターシャたん、実は肉食で、バッタとかを食らいます。

P1020593.jpg

 なんか、凶悪・・・。

 ちなみに、このターシャがいる島は、船で川下りとかも出来るのですが、この船が亀形。

P1020506.jpg

 やっぱゆるくていいなあ・・。
 この亀船の到着地点は、原始人の村!

sP1020499.jpg

 そんな村の家の後ろに回ってみると、

sP1020497.jpg

 見てはいけないものを見つけてしまいました。。

 で、この島の観光スポットなのか分かりませんが、椰子の実が沢山落ちてるところにあった看板

P1020627.jpg
 
 グラップラー刃牙の、ジャック・ハンマーがやってたことですが・・・新聞に載せるようなことかねえ。。

 緩さは観光地だけでなく、家電製品にも及んでいます。
 New! iPhone4!
P1020657.jpg

 どうも、私が持っているiPhone4と形が違う気がしてならないのですが。。

 さて、そんなフィリピンでマクドナルドよりも店舗数が多く、オーナーが長者番付5位の国民的チェーン店がジョリビー

P1020658.jpg

 beeからキャラが蜂になってるんだろ思いますが、虫を食堂のキャラにするってところにちょっと違和感を感じなくもないです。
 そして、そのジョリビーでは、ハンバーガーからフライドチキンから、スパゲッティからフィリピン春雨ヌードルまで、色んなものを提供しています。とりあえず、フライドチキンを頼んでみると

P1020660.jpg

 紙に包まれたご飯がついてきます。
 マクドナルドなど、ハンバーガーショップではご飯が提供されないという先入観があったので度肝を抜かれますが、東南アジアではマクドナルドやケンタッキーでもこうやってご飯が提供される国が多いです。
 また、紙にご飯が包まれているのにも違和感があるのですが、冷静に考えたらただのおにぎりです。
 こういう微妙な違和感に、ちょっとずつ折り合いをつけていくことが、アジア生活の醍醐味です。

 ちなみに、車は結構きれいな車が町を走っているのですが、ジプニー(乗り合いタクシー)だけは凄いことになっています。
P1020910.jpg

 柄が、世界一の海賊王だったり、スーパー宇宙人だったりすることもあって素敵です。
 あと、こんな素敵な車も走ってました。

P1020914.jpg

 とはいえ、車なんてそう簡単に買えるモノではありません。
 特にバギオのような娯楽の少ないところの場合遊園地はこんな感じです。

P1020906.jpg  

 明らかに手書きのジョリビーが書いてあるだけの自転車を、広場で運転するだけのアトラクション。。
 でも、みんな、楽しそう…

sP1020905.jpg

 日本のアミューズメント業界の人、フィリピンはハードル低いぞ!

 乗り物と言えば、ショッピングモールのベビーカー貸し出し所の受付も凄かった。

sP1030094.jpg

 なぜ、かわいらしいぞうさんや女の子が乗ってる車のベビーカーを貸し出す窓口を、乳幼児のトラウマになりそうな凶暴な牙の生えた虎にするんだ。。TPOを考えろ!

 と、いうわけで、最後に日本ではあまり見られない、外からすけすけのカラオケボックスを見ながらお別れです。

P1020679.jpg 

 ゲームセンターの片隅にあるのですが、姿形だけではなく、音もダダ漏れした。
 うるさい。


関連記事
スポンサーサイト
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-12-27 | 06.フィリピン経済あれこれ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営

 2011-12-23
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
「もりぞおさんの、マニラへの悪口強烈すぎる」と某人から言われたのですが、それは誤解です!私はフィリピンを愛しておりますし、マニラもその気持ちがいいくらいの滅茶苦茶さが楽しくてしょうがないのです。
そして、そんな滅茶苦茶な不便さが少しずつ改善されてたり、便利なモノが増えていく楽しさに踊っている人たちを見るのも大好きです。

例えば、マニラにある(自称)アジア最大のショッピングモール・モールオブアジアですが、まず大きさが東京ドーム7個分あります。日本人的にはショッピングモールというよりも御殿場アウトレットモールと言った方がいいかもしれません。

 このモールオブアジアに休日に行ってみました。
 あの乗り換えが面倒な地下鉄の終点まで行き、そっから一回15円の乗り合いタクシーに乗ってついたところがモールオブアジア。

 中に入って驚くのが、人が一杯!

P1030122.jpg

 どこもかしこも人だらけ!

P1030119.jpg

 このくそどでかいモールにどんだけいるんだよ!ってくらい大量の人がいます。
 そして、そこにいる親子連れやカップルの楽しそうなこと。

 もりぞおさんは、そこにあるIMAXシアターで映画を観てきたのですが、映画の途中でいきなり画像が停止し、15分くらい音沙汰なし。その後いきなり再開というずさんさがさすがフィリピンです。
 そして、その画像停止中に、携帯のライトを使って超巨大画面で影絵遊びをしていたあたりも、さすがフィリピン人です。

 そのことをフィリピン人講師に話したら、
「いいなーIMAXシアター。いくら?」
「400ペソ(800円)」
「高いー。そんなのいけないー」
 日本で2000円するのが800円なのでとても安いのですが、月給2万円程度のフィリピン人にとってはものすごく高いモノです。映画館の中にも非常に沢山の人がいたのですが、IMAXシアターは半分くらいしか入っていませんでした。

「ところで、あのモールではみんな何やってるの?」
「そうだねー。スーパーマーケット以外は見てるだけで買い物はしないかなー。あと、モールはエアコンが効いてるからね-。」

 滅多に買えないモノだけど、新しいモノが増えていく様子がみえるのが楽しい。
 家の電気代が高くてエアコンが入れられないから、涼しいのが嬉しい。

 圧倒的に足りないモノが多いフィリピンでは、こんな事でもこんなに沢山の人が集められてしまうわけです。
 人集めに苦労している日本のマーケッターからしたらなんとうらやましいことでしょう。まあ、金を落としてくれるかは微妙ですが…。

 逆に言うと、日本に満ちあふれている便利だったり楽しかったりするモノを持ち込んでみたら、それはそれでいい商売になるのかもしれません。
 そんなことを考えながら街を歩いていると、正にそれなモノが見つかりました。

P1030086.jpg

「SOGO(ソゴウ)」という、どっかのデパートを思わせるような名前の建物ですが、

P1030084.jpg

その実はラブホテルです。

 真っ赤な外観はともかく、その名前と看板のデザインは、明らかにMade in Japanを明示していると思われます。日本人が持ち込んだのか、日本に来たフィリピン人が持ち込んだのかは分かりませんが、大家族が多く、家にエアコンが効いてないフィリピン人にとっては、日本人以上に価値のあるサービス。
 土地代が安く、人件費も安いので、現地人でも気軽に使えるようなリーズナブルな価格設定も可能。

 そんなわけで、マニラの街を歩いていると、至る所にこの真っ赤なホテルが建っているわけです。

 足りないモノが沢山あるところには、みんながほしがるモノも沢山ある。
 そこには沢山のビジネスチャンスがあるわけです。

 マニラの街を歩いていると、とにかく不快でめんどくさい状況が沢山あります。でもそこにしばらく住んでみて、自分にとって足りないモノ、現地人の人が喜びそうなモノを見つけて、日本からそれを輸入する。

 2000年頃に孫さんがやっていた、アメリカで流行ったモノを日本に輸入するというタイムマシン商法のチャンスがあの街にはごろごろしているのです。

 そんなところで商売をしたら面白いだろうなあ・・と思いながら、きっとめんどくさい法律対策がまた大変だろうななどとも思い始め、とりあえずフィリピンに住むのは当分先だな何てことを考えるわけです。

 と、いうわけで、もりぞおさんは住む場所を探して次なる目的に香港に向かいます。
 次回から、やっとこ、本格的なアジア就職活動開始です!

関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-12-23 | 06.フィリピン経済あれこれ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える

 2011-12-20
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
フィリピンの英語学校に行って驚くのが、授業料などとは別に「電気代」が加算されることです。

セブの日本人経営英語学校ラングリッチでは、1週間に約1200円。
マニラの韓国人経営英語学校C21では、部屋でかかった実費を同室のメンバーで割り勘。私は1週間の滞在で水道代と併せて800円くらい取られました。
ちなみに、バギオの韓国人経営英語学校HELPでは、涼しくてエアコンの要らない土地柄からか電気代の追加料金はありませんでした。
(いずれも2011/12現在)

なんでこんな風に電気代が別立てかというと、バカ高いからです。

フィリピンの英会話講師ももこの件に関してはかなり腹を立てており、「フィリピンの電力会社が不当に儲けているからだ。奴らは、我々が使わざるをえないのを分かっていて暴利をむさぼっているのだ」などと熱弁してくれます。

実際、現地に住んでいる方のblogを見ると、場合によっては日本よりも電気代が高い場合があるそうです。

メラルコ純利益61%増
上の明細にもありますが478キロワットですと一般的な従量電灯Bの家庭で約1万円となりフィリピンより2000円も安いのです。

JETROの各国の賃金および電気代の比較を見てみると

国名中堅技術者賃金電気代(1kwh)
フィリピン(マニラ)388ドル/月0.23ドル
インドネシア(ジャカルタ)357ドル/月0.09ドル
日本(横浜)4,489.5ドル/月0.20〜0.26ドル


と、いう感じで、フィリピン(マニラ)の電気代は、賃金がほぼ同じのインドネシア(ジャカルタ)と比べて約2.5倍、賃金が10倍以上の日本(横浜)とほぼ同額ということが分かります。
(関係ありませんが、このWebページは世界数十カ国の物価を簡単に比較できて滅茶苦茶面白いです。日本での生活の楽さが分かると同時に転落余地の大きさもよく分かります。)

しかし、街を歩いていると、クリスマスイルミネーションがきらめいてたり、一般家庭用のものが路上で売ってたりします。

P1030010.jpg

いくら一年に3ヶ月くらいクリスマスを祝っているフィリピン人とはいえ、そんな金はないだろーと思っていたら、解は簡単でした。

東電盗電してるから」

どうやら、外できらめいているクリスマスイルミネーションは、電線直結のため電気代は請求されていないようです。
そして、クリスマスシーズンの始まり(9月くらいなんですが。。)には、この電線直結作業のため感電死するというニュースが季節の風物詩になっているようです。

フィリピン人大馬鹿、と思いますが、正月に餅を詰まらせて死ぬのが季節の風物詩になっている日本と大差ありません。

そして、恐ろしいことに、この盗電された電気の費用は「システムロス料」としてしっかり電気料金に上乗せされているのです。おそるべし、フィリピンの電気会社と思いますが、原発事故の保証金をしっかり電気料金に乗っけようとしている東電もあまり変わらないかもしれません。。

前回、地下鉄の駄目さ加減からフィリピンのインフラ整備の駄目さ加減をお伝えしたのですが、電気料金から見ても駄目さ加減は顕著です。
これ以外にも、街を歩いていると、きっと国(および国営企業)がうんこなんだろうな。。と想像できるものが山ほどあります。

そんな酷い状態でもなお、GDPが5%平均で伸びているということは実は凄いことなのかもしれません。
次回、フィリピン編最終回として、この国の成長っぷりと、そこで考えられるビジネスチャンスについて書いていきます。
 
関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-12-20 | 06.フィリピン経済あれこれ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

マニラの地下鉄から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減を考える

 2011-12-17
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
フィリピンには英語の勉強のためにいったもりぞおさんですが、就活中の身でもあるので、就職先がないかも聞いています。しかし、返ってくる答えは決まって

「フィリピンはないねー。特に日本人の求人は多くないし、給料が安い」

実際、フィリピンの経済成長率は大体5%を中心に推移しており、それなりに好景気のはずですが、フィリピン人やフィリピンで働く日本人と話をしても、あまり景気のいい話は聞きません。
最近伸びている分野は英会話学校と英語圏のコールセンターとばっかり聞いてるので、それが経済成長を牽引している・・とは思えないのですが、さりとて牽引役がどこにあるかはまだ分かっていません。

それを調べる気をなくさせている(=フィリピンに就職する気をなくさせてる)のが、フィリピン、特にマニラのそこはかとない不便さです。

それを一番に感じるのが、メトロ(地下鉄および高架鉄道)です。
もりぞおさんは、庶民の足であるメトロに乗ると、その国で普通に暮らしている人の生活が垣間見えるので、メトロがある都市に行ったときには必ず乗るようにしています。
多分、20都市以上で乗っていると思うのですが、その中で一番インパクトが強かったのがこのフィリピン、マニラのメトロです。

地下鉄の駅や車両自体は綺麗で、比較的時間どおり運行されます。

P1030051.jpg

しかし、問題点は多々あります。

まず、入り口。
なんと、男性用と女性用の入り口があります。

P1030044.jpg

なんでかというと、駅に入る前に荷物&ボディチェックがあるのです。
このチェックがまたいい加減で、軽く荷物を見せて、身体を触って、金属探知機当てておわり。金属探知機なってるのに普通に通している時点であまり意味があるとは思えません。
そして、時間によって男性が多かったり女性が多かったりするわけで、男だけ行列とか女だけ行列ってのもしょっちゅうで、たいへんうっとおしいです。

そして、こうやって入り口を突破したあとには、切符を買うという難関があります。

一般的に切符は自販機で買う物であり、マニラメトロにも自販機はあります。
しかし、この自販機はコインしか受け付けないので、日本で言うところの100円玉と50円玉と10円玉しか受け付けない自販機みたいな物で、大変使い勝手が悪いです。
さらに、コインの認識能力がきわめて低いらしく、5回くらいコインをチャリンチャリンと入れ続けないと認識してくれないのです。

あまりにも使えないので、切符を買うのにこのように

P1030069.jpg    

駅員の手売りの窓口に行列が出来ます。(左手が手売り、右手が券売機)
せっかく自動改札にしているのに、切符の手売りがボトルネックになってるのだからバカとしか言いようがありません。

最近多くの都市で見られるように、ICチップの入ったカード(いわゆるSuica)のようなものもあるのですが、これがまた3本しかないメトロなのに2つの会社が別々に運行してるので、路線別に別々のカードを買わなきゃいけません。(東京メトロと都営地下鉄でカードを使い分けなきゃいけないようなもん)
通勤等で毎日使う人はこのカードを持ってるのでしょうが、大方の人は毎回こうやって列に並ぶ無駄な時間を過ごしているわけです。

さらにバカなのが、乗り換え。
普通、複数の路線があって、その路線が交わるところに駅を作って乗り換えられるようにするではないですか。
しかし、マニラメトロの路線が交わるところはこんな感じです。

P1030081.jpg

交わる点に駅はなく、そこから300m程離れたところに駅があるのです。

乗り換えをする際は、電車を降りる、自動改札を出る、階段を下りる、600m歩く、階段を上る、(行列に並んで)駅に入る、(行列に並んで)切符を買う、自動改札を通る、電車に乗る という手順を取らなくてはならないわけです。

他の国なら、電車を降りる→(向かいのホームに止まってる)電車に乗る だけの手順なのに。。

おそらくこのバカ面倒なものも、経営している会社の縄張り争いの賜物なのでしょうが、びっくりするくらい顧客視点がないのが笑えます。(実際クソ暑いなか並んでいるときは怒り心頭ですが)

で、こんなメトロは嫌だ!ってことで、タクシーに乗る人も多いのですが、道はいつも恐ろしいほどの渋滞です。
金曜の夜なんて年中、車が完全に止まる状態に陥っています。
空いていれば30分かからない距離に2時間半かかったとか、雨の日に2時間タクシーが捕まらなかったとかいう話も聞きました。

とにかく、交通機関が不便すぎるわけです。そして、メトロなり道路なりにそれなりに投資はしているのに、その作り方がバカだから不便だと言うことが致命的です。

まあ、道の形がめちゃくちゃなバンコクとか、メトロ自体が存在していないジャカルタも酷いのですが、マニラの金は使ってるんだけど頭が悪いから使えない感は格別のものがあります。

同時に、あまりこの国で長期の生活はしたくないな…と思ってしまう所以でもあります。

こんなフィリピンの事情、あと何回か書いていきたいと思っています。
関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-12-17 | 06.フィリピン経済あれこれ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その3 フィリピン人と韓国人のビミョーな関係編

 2011-12-14
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フィリピンに行って感じるのが、とにかく韓国人がたくさんいるということ。
 数百校の韓国人経営の英語学校がフィリピン国内にあると言われているので、当然と言えば当然なのですが、このことに関してフィリピン人はどう思っているのか?
 
 色んなフィリピン人の講師に聞いてみたのですが、このマニラの学校の男性講師が本件について異常に乗ってきたので、彼との話を中心にフィリピンと韓国の関係についてまとめてみます。
 当然、複数人のフィリピン人の話を総合していますが、「フィリピン英語教師」という偏ったサンプルから聞いた話なので、コレがフィリピン人の総意なわけではないですよ。
 
 まず、講師と生徒という関係の中でのフィリピン人と韓国人。
 フィリピン人講師からみて、韓国人生徒の評判は、総じて悪いです。。
 
 私が日本人だからとは思いますが、韓国人生徒に対する愚痴は至る所で耳にします。
「ちょっとでも英語に関して答えられないことがあると、徹底的に過剰に文句を言ってくる」
「金を払ってるんだから従え、という態度が時たまにじみ出てくる」
「生徒の小学生のガキが「フィリピンは韓国よりも凄く貧しいって知ってる?」みたいなことを言ってくる」

 韓国人は日本人と比べて、ダイレクトにモノを言ってくる傾向があります。それ故に、こういう失礼な言動、態度が、若くて未熟な韓国人から出てくることが多数あるようです。
 講師が言うには、日本人からこういうことを聞くことはほとんどないということ。まあ、日本人の生徒数が圧倒的に少ないし、今、フィリピンくんだりまでいく日本人は外国人に対して気遣いが出来る成熟した人が多いからという理由が大きいと思いますが。
 
 では、街ゆく韓国人をどう思うかというと
「やっぱり、韓国人が多すぎることには不安を覚える。特に、バギオとかのフィリピン人のあこがれの場所が、あまりにも韓国人だらけになってしまうのは、感情的に辛い。彼らがフィリピンに沢山のお金を落としてくれ、経済に貢献してくれていることは分かっているけど、それでも、感情的に辛いんだ。」

 この気持ちはよく分かります。
 フランス人がシャンゼリゼ通りを日本人(今は中国人)に占領されたり、日本人が銀座を中国人に占領されたりしてるのを見て感じる感情と同じでしょう。
 良い感情なのか悪い感情なのか(そもそも感情に良いも悪いもないのか)分かりませんが、凄くよく分かる微妙なモノです。
 
 じゃあ、フィリピン人の多くが韓国に対して微妙な(どちらかといえば負の)感情を持っているのかと言えばそうでもありません。
 
「フィリピン人は、"Crazy about Korea"なんだよ。」

 韓国人の大学生が「韓国人は"Crazy about English"なんだよ」って言ってたのを思い出す発言です。
 
「マニラの街をみてみなよ。若い男も女も、みんな韓国人スターみたいな髪型してるだろ」

 どんな髪型が韓国人スターっぽいのかもりぞおさんにはさっぱり分からないのですが、フィリピン人の若者の多くは美容院に行ってチャングンソクやKARAのような髪型にしてくださいって言うらしいのです。
 
「みんな韓国ドラマが大好きだし、K-Popもよく聞いている。Crazyなくらいに」
「日本はどうなの?」
「J-Popはそれなりに。日本のドラマはあまり知らないな。。あとは、アニメ。スラムダンクとか。ショッピングモールでは毎週どっかでコスプレイベントしてるよ」

 10年前はアニメで席巻していたものが、韓国ドラマに押されて、マニアックな方向だけで生き残っているという状況がよくわかりますね。。
 
「そんな風に特に若い人は韓国の文化が大好きなんだ。だから、韓国語を勉強しようとする人も沢山いるよ。」
「それは、自分で選択して勉強するの?」
「フィリピン政府と韓国政府が協力して、韓国語教育のクラスを作っているらしいよ。」
 こういうところで、きっちりと仕事をする政府はたいしたものだと思います。
 
「そんな政府のクラスを卒業したあと、それぞれの技能を生かして韓国に働きに行くというプログラムもあるらしいからね。フィリピン人には外国に行って働きたいと思っている人が多いからね。そうやって韓国に行こうとチャレンジする人は沢山いるんだ」

 どうやら、韓国政府は自国の文化によって増やしたフィリピン人のファンをきちんと教育して、自国に連れてくるという方策を作っているようです。その規模がどれくらいなのか調べてはいないのですが「移民を受け入れないといけない国」として、自国に対し好意的な印象を持っている上に、きちんとした語学力と技術力を持った人を受け入れるというのはとても効率的かつ有効な手段です。
 
「フィリピン政府と韓国政府はうまいことやっていると思うよ。そのおかげで僕らはこういう職に就けているし、大量の学生ビザ代で税収も増えている。それでも、感情的に受け入れられないこともあるんだけど。。」

「日本についてはどうなの?」
「あなたが日本人だから言うわけじゃないけど、日本に行きたいと思っている人は一番多いと思うよ。僕らは日本にあこがれがあるんだ。多分、フィリピン人が行きたいと思っている国は、日本とカナダとオーストラリアが一番多いはず。
 でもね、あなたが知っているように、フィリピン人が日本に行けるチャンスは凄く少ないんだ。ダンサーくらいしかビザがおりないからね。それが残念でならない。」
 
 動きの遅い日本政府、移民受け入れに超否定的な国民感情から言って5年後も日本が積極的にフィリピン人を受け入れるようにはなっていないでしょう。
 でも、民間はしっかり動いていて、きっと5年以内に大量の日本人が英語留学のために続々とフィリピンを訪れることになるでしょう。
 
 就職活動のためにいやいややってくる大学生とか、親に言われて何も分からずやってくる中高生も含めて。
 そんな中でも、フィリピン人が日本人に対してそこはかとなく抱いているあこがれのようなものは維持できるのでしょうか。その頃も、出稼ぎに行きたい国の一つでいられるのでしょうか?
 
 私は、日本はいずれ移民を受け入れ、農作物を大量に輸入しなくてはいけないことになると思います。
 その時に、若くてホスピタリティのある人材と、安価で大量の農作物を持つフィリピンとは非常によいパートナーとなると思うのです。
 
 そして、何度も言うように、韓国は良くも悪くも日本の10年先を行っている国です。
 来るべき時に、フィリピン人は日本人に対してどんな感情を抱くのだろう。彼らと上手くやっていくことは出来るんだろうか?彼らの受け入れる側として、求められるのはどんな能力なんだろう?
 
 現状のフィリピン人と韓国人の微妙な関係を見ながら、そんなことを考えてしまうわけです。
 
関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2011-12-14 | 05.フィリピン留学 マニラ編 | トラックバック:(0)件 | コメント:(3)件
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。