アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

写真で見る2012年の東北その1 石巻市立大川小学校

 2012-11-24
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
震災が起こったのが2011年3月11日。
そこから、約20ヶ月が経ちました。

東京に住んでいる人、震災のこと忘れてません?
私は、ほとんど忘れてました。

今年は、アジアに行くのに忙しくて東北には行っていませんでした。
でも、忘れかけている今、あえて、東北に行ってきました。
このblogでは、何回かに分けて、東北の写真を淡々と張っていきます。

写真を見ると分かりますが、東北、全然復興してないところだらけです。
場所によっては、まだ更地にもなっていません。
でも、今私たちに出来ることは、忘れないこと、気が向いたら観光旅行に行ってみることだと思います。

石巻市立大川小学校。
ここでは、多くの人たちが津波に飲まれました。

P1000004.jpg

慰霊塔が建ってます

P1000005.jpg  

電力供給は

P1000006.jpg

ソーラーパネルで。
そして、圧倒的ぶっ壊れ感

P1000018.jpg  

ただの水で、鉄筋コンクリートの建物がこんなにも…

P1000011.jpg

一階の壁がぶち抜かれているだけではなく、

P1000016.jpg

2階まで、根こそぎ壁がない。。

P1000012.jpg

渡り廊下が根元から倒れており

P1000015.jpg

外から教室は丸見え

P1000025.jpg

この辺は、建物が土台を残して、根こそぎ持ってかれてます。

P1000022.jpg

この状態は、「建物だったなにか」と表現するしかありません。

P1000021.jpg

当然立ち入り禁止。でも、倒壊のリスクを負ってでも中に入りたい親族の気持ちもわかります。

P1000026.jpg

学校の建物は丈夫なのでこれだけ残っていますが、周りの民家はそうも行きません。
向こうに見える原っぱ。ここは、3/11まで複数の住宅が並ぶ町だったんです。

P1000042.jpg

このなにもない、ただの原野のような空間が、この震災の被害の大きさを物語っています。

続く。

※このblogは毎週土曜日の夜8時に更新されます。

スポンサーサイト
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-11-24 | 17.2012年の東北 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

写真で見る2012年の東北その2 南三陸町防災対策庁舎

 2012-12-01
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
ひときわ際立つ悲惨な建物。これが、宮城県南三陸町防災対策庁舎です。

P1000107.jpg

建物ごと津波にのみ込まれ、屋上に避難した方々も市長を残してみんな飲まれたとのことです。

P1000102.jpg

庁舎前にはたくさんの献花が。

P1000103.jpg

ただ、被害があったのはこの庁舎だけではありません。

P1000132.jpg   

この辺り一面、がれきの山。360°パノラマで工事現場が広がっています。
上記写真やココをクリックすると、360°パノラマ写真が見れます。

がれきの撤去が出来ているところは、本当に何もなく、

P1000112.jpg

住民の決意や

P1000126.jpg

よみがえれ、故郷の文字が

P1000128.jpg

心の支えになっています。
そんな中でも、元気に営業している店もあります。

P1000114.jpg

この先にある気仙沼の岩井岬には、龍の形をした木が海を見ており、

P1000145.jpg

神々しい姿をしています。

P1000142.jpg

続く。

※このblogは毎週土曜日の夜8時に更新されます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-12-01 | 17.2012年の東北 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

写真で見る2012年の東北その3 車の墓場と学校

 2012-12-08
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
ハードな所を回ってきたのでちょっと休憩のために高級ホテルの、ホテル観洋へ。

P1000086.jpg

ココも、今では綺麗ですが震災後は津波の被害で営業が出来なかったそう。それでも、使える部屋には避難民を迎え入れていたとのこと。頭が下がります。

ここでは、語り部ツアーということで、たったの500円で、このblogにあるような所を案内してくれます。

IMG_1594.jpg

また、高校生が修学旅行できていました。

IMG_15951.jpg

すばらしいです。今、修学旅行で東北に来るのは、忘れ得ぬ記憶として長い間残るでしょう。

さて、ココからさらに車で進むと、

P1000057.jpg

車の墓場が…。

P1000056.jpg

こんなにもたくさんの車が津波一発で。。

さらにその先には、またも学校。

P1000063.jpg

一見普通ですが、3階の窓とか体育館が何かおかしいです。

近づいてみると、体育館だったなにかが…。

P1000074.jpg

教室もこんなことに…。

P1000069.jpg

黒板には、「力強く生き抜け」

P1000068.jpg

本当に、力強く生き抜いて欲しい。
そして、次の休憩所。

P1000081.jpg

セブンイレブンが、プレハブ。。
東北には、セブンイレブンだけでなく、様々な店舗がプレハブで営業しています。
力強い。

P1000082.jpg

ただし、時給は最低賃金です。早朝でも。

はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-12-08 | 17.2012年の東北 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

写真で見る2012年の東北その4 気仙沼の船

 2012-12-15
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
気仙沼に来ました!

P1000150.jpg

船がいっぱいの漁港です。
復興市場も営業中!

P1000151.jpg

ウニカニイクラサーモンなんでもうまい!

ちなみに、ここでみた地元新聞には、地元の高校生のほとんど内定でているとのこと。
復興需要。がんばってほしいです。

気仙沼の街は、一件復興してそうな感じです。
でも、街を走ってると

P1000157.jpg

一階が。。。

そして、津波の恐ろしさを語るオブジェと化しているコレ。

P1000166.jpg

道に、巨大な船舶が…。

P1000162.jpg

信号と横断歩道との対比がシュールです。

P1000175.jpg

道路を裂くスクリュー

P1000181.jpg


潰れた車。
周りは茫然自失の野原に・・・。

P1000177.jpg

土台だけ残っている家が無残です。。

鉄道の線路も曲がっています。

P1000178.jpg

この周りでは鉄橋も壊れており、復旧の目処は立っていません。
バスが代行運転してますが、

P1000182.jpg

便数が少なくて、不便そうです。

P1000184.jpg

残念ながら、鉄道の再開の予定はまだ立っていないようです。

はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-12-15 | 17.2012年の東北 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

写真で見る2012年の東北その5 陸前高田の傷跡と、復興への歩み

 2012-12-22
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
さらに進むと、球場だったなにかがあります。

P1000206.jpg

4階まで壊れた団地

P1000208.jpg

5階だけが綺麗に残ってるのが、また恐ろしいです。

遠くから見ると普通のスーパー

P1000222.jpg

でも、よく見ると1階の壁がありません。

工場も、がれきの中に。
P1000207.jpg

そんな風に、街は大きく変わっています。

P1000214.jpg

そんながれきをかたづける、ボランティアが集まった、陸前高田のボランティアセンター
P1000235.jpg

日本一のボランティアセンターと呼ばれていた素晴らしい場所です。

P1000231.jpg

しかし、がれき撤去に目処がついたため、来年終了するそうです。

P1000233.jpg

しかし、新たな復興のための建物も建ち上がっています。

P1000224.jpg

まだまだ、やることはたくさんあり、どうやってやっていいかもわからない状態の東北。

P1000238.jpg

それでも元気に営業中です。

写真で見る東北。おしまい。

はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-12-22 | 17.2012年の東北 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。