アジアを中心に、海外転職、就活のノウハウをお伝えします!セカ就!セカシュー!

スポンサーサイト

 --------
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナム就職活動その1 大都会ホーチミン、田舎町ハノイ、そして、韓国資本が作り上げる新しい都市

 2012-04-28
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
さて、7カ国にわたる就職活動も佳境に入ってきて6カ国目、ベトナム編です!

P1030987.jpg

一般的にアジア各国は首都一極集中で、政治、経済の中心が首都に集中しており、「首都とそれ以外の都市は別の国」ってくらいの差があります。

しかし、このベトナムは歴史的な経緯もあり、政治の中心である首都ハノイと、経済の中心であるホーチミンシティの2つの中心地があります。

中国の南、東南アジア東側の海岸沿いの細長い国の北側には首都ハノイが、南側にホーチミンシティがあり、飛行機で2時間、鉄道で約30時間の距離です。ハノイ-ホーチミンの高速鉄道も計画されていますが、まだいつ完成するかは明確ではありません。

経済の中心、ホーチミンシティには高層ビルが建ち並び大都会になっています。ただし、地下鉄や高架鉄道などの市内交通はありませんし、街中には自動車以上に大量のバイクが走っており、バンコクやクアラルンプールと比較すると、発展度は低いと感じます。

P1030953.jpg

首都であるハノイに関しては、ホーチミンシティ以上に都市化は進んでおらず、漢字一文字で表すと「町」です。日本人が想像するレベルのコンビニは今のところまだみあたりません。

P1040206.jpg

また、ホーチミン、ハノイどちらの郊外にも、工業団地があり、日本や韓国、中国などの企業の工場が建っています。

ベトナム社会主義共和国という国名からもわかるように、共産党の一党独裁国家であり、共産党以外の政党の存在は許されていません。
インターネットに関しても、Facebookの使用が制限されてたりします。(細工をすれば使用することが可能ですし、うっかりみれちゃうこともあります)。外資規制が厳しいため、参入していない企業も多く、例えば2012年現在まだマクドナルドがありません。(ちなみに、ケンタッキーはあります)
国境なき記者団が公表する、報道の自由度調査ではワースト10の常連であり、各国からの政府への不信はいまだ続いています。

経済成長率はここ10年4-9%を維持しており、成長が続いています。しかし、国民1人あたりのGDPの低さを考慮するとそれほど高い成長率とはいえず、インフレも続いているため、生活が苦しくなりつつあると感じている国民も多いです。
失業率も約5%と、他の東南アジア諸国より高くなっています。

とはいえ、GDPは10年で3倍以上になっており、街を歩いていても新しいモノが次々と作られており、活気があります。依然、貧富の差はあり一部その差は開いていますが、中産階級の人口も増えており、豊かな生活へのあこがれは日に日に増しています。

在留日本人の人口は、約9500人とそれなりに多く、ジャスコなどの大型日系スーパーや吉野家などの日系レストランチェーンはないものの、小さな日本スーパーや日本料理屋はあるので、日本のものを手に入れることはできます。(ただし、正規の本屋はありません)先日、ジャスコが2013年までに進出することを発表しましたので、これからさらに日本人にとって便利な街になっていくと考えられます。

そして、田舎町ハノイからタクシーで30分くらい行ったところには、とんでもないものがありました。

ランドマーク72という高層ビル

P1040338.jpg

このビルは、1階にデパートや映画館、中層階がオフィスビル、そして上の方が高級マンションとなっている複合施設です。

まだ、明らかに作り途中なのですが、頼んだら結構上の方まで入れてくれました。そして、一番眺めのいいトイレからの風景!

P1040353.jpg

圧倒的、工事中!

P1040334.jpg

もう、ほとんど平野とボロ屋だけだったところが、全部丸ごと工事中になっているような風景。
複数の六本木ヒルズと、首都高速が作り途中。まるで、初期段階のシムシティです。

一体、誰かこんなものを…というのは、町を歩けばすぐに分かります。

映画館は、ロッテシアター、看板はハングル文字、そして、韓国語では商談をするビジネスパーソン。
どうやらここには、韓国人による、韓国人のため商業都市を造っているようです。

実際、ハノイ駐在の日本人の方と話をすると、「ベトナムは、完全に韓国資本にやられてますね-。日本企業のプレゼンスは低くなるばかりですよ…」とのこと。

そんなベトナムでの、日本人求人事情は、次回に続く!

関連記事
スポンサーサイト
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-04-28 | 12.ベトナム就職活動 | トラックバック:(0)件 | コメント:(0)件

ベトナム就職活動その2 求められる人材と給与編 安いながらもダイナミックにあれこれする給与体系

 2012-05-01
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
ベトナム就職活動その2 求められる人材と給与編 安いながらもダイナミックにあれこれする給与体系

ホーチミン・ハノイには非常に多くの日本企業および外資系企業が進出しています。。

P1040027.jpg

中心となるが製造業ですが、それ以外に商社、IT業、物流、サービス業など多種多様な企業があります。ただ、金融、不動産業に関しては、外資規制が厳しく日本も含め(ベトナムから見た)外国の企業が参入するのが難しくなっており、求人も非常に少ないです。

そんな中、一番多いのが、タイやインドネシアと同じく、製造業の営業職です。現地の日系企業を中心にローカル企業、外資系企業などを含めてルートセールスを行い、製品(部品)を販売する仕事です。日本語での商談がメインになりますが、ベトナム人やその他の国の人と英語もしくはベトナム語で商談するケースもあります。また、同じく製造業での現場でベトナム人スタッフの管理業務の仕事も多くあります。

それ以外に多いのがIT業。この業種に就くためには、日本での職歴があるかシステム関係の学部を卒業している必要があります。ある程度仕事が回せる中堅層以上の求人が多く、ベトナム人とのチームで仕事をする場合が多くなります。業務は英語の場合が多いですが、英語-ベトナム語の通訳が付く場合もあります。

求人の件数は、企業数の多さから、ホーチミンの方が多いですが、ハノイにもそれなりの数があるので、ベトナム就職を目指すのであれば、ホーチミンとハノイ、両方を視野に入れた方がいいでしょう。

語学に関する要件はシンガポールや香港に比べると低い傾向があり、業務上最低限必要な事を英語またはベトナム語で伝えられればOKというレベルの場合が多いです。このような求人はTOEICでいうと600点レベルという目安を置いています。
入社時に、ベトナム語は「あれば可」というレベルが多いですが、生活のためにも業務効率化のためにも、現地でベトナム語を学ぶ人は多いです。

年齢層は、どの国でも同じなのですが、日本で3-10年以上のキャリアを積んだ経験者の募集が一番多いです。
ビザの発給の関係もあり、完全な新卒の募集は少ないですが、業務経験3年以内の第二新卒の募集はかなりあります。また、30代後半以上のハイスペック人材の募集もあります。

イメージとしては一番多い20代後半から30代前半の一番募集が多い層を100とすると、新卒・第二新卒の募集が70程度、30代後半以上のハイスペック人材の募集が50程度だそうです。

そして、ベトナムは平均年齢が20代と非常に若いため、マネージャとなり得る人材が少なく、スタッフをきちんと管理し、成長させることが出来るマネージャーは、非常に高く評価されます。

ビザに関しては、一般的には大卒もしくは就労経験5年以上を持っている事が要件となっています。しかし、実際は新卒などにもビザは降りており、ルールは明確ではありません。また、職歴がない場合は、卒業した大学の学部が重視される場合もあります。

ホーチミン・ハノイの現地採用の月給は、アジア各国の平均レベルです。

新卒・第二新卒で、1500-1800 USドル(12-14.4万円)
営業、一般スタッフで1800-2000 USドル(14.4-16万円)
と、いったところ。
ちなみに、ベトナムは通貨ドンのインフレが酷いため、現地採用の給料は大体ドル建てで出されます。
外国人が泊るようなホテルや、外国人しか使わない現地ツアーとかもまたしかり。観光に来るときも、USドルの現金を持ってると意外と便利です。


ベトナムの給与の特徴として、業績連動のボーナスや昇給率が非常に高い会社が多いということがあります。
基本的に年に1度、年末の12月か1月にボーナスが出るのですが、場合によってはボーナスだけで12ヶ月分出るような会社もあります。

また、昇給も結果を出して直接交渉することで上がっていく傾向があり、プロ野球選手のように年末に1人1人契約更新を行い、給与交渉を行うような会社もあります。ベトナム人の月給は平均で年間18%程度伸びているということもあり、日本人の給与もそれに伴い伸びていく傾向があります。(ただし、インフレも進んでおり、年間14%くらい物の値段も上がっています)

このように、給料がダイナミックに伸びていくため、日本人現地採用でも高給をもらっている人も多く、月給が5000ドル(40万円)を超えている人もいるようです。
なお、給与制度は当然会社ごとに大きく異なりますので、日本企業の様に少しずつ自動で給料が上がっていくような会社ももちろんあります。

こんな感じで、給料は安いながらもダイナミックに上下し、ついでに通貨のレートもダイナミックに上下する国、ベトナム。

次回は、現地で暮らすにあたっての物価や家賃の話にうつります。

関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-05-01 | 12.ベトナム就職活動 | トラックバック:(0)件 | コメント:(1)件

ベトナム就職活動その3 物価と家賃編 近代的な店は少ない分、安い物価。そして、もっと安い家賃

 2012-05-03
 はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 
ベトナムに来てまず思うのが、スーパーやコンビニがなかなか見つからないってことです。

ホーチミンでいろいろ歩き回ってやっとこみつけたコンビニはこんな感じで、

P1040012.jpg

まあ、普通のコンビニと言っていいレベルなのですが、ハノイになるとこんな感じで

P1040398.jpg

コンビニというより雑貨屋といった方が近くなります。(ちなみに、ハノイ在住の人は「日本人が想像するレベルのコンビニはない」と言っていました)

そんなお店の物価ですが、安いです。

コーラの500mlペットボトルが7500ドン(約30円)など、は大体日本の1/3から1/5です。他のアジア諸国と比べても安く、私が就活した7カ国の中で一番安いと言えます。

また、ジャスコのような日本の大規模スーパーはなく、こんなふうな

P1040068.jpg

小さな日系スーパーが数軒あるだけです。値段も他のアジア諸国のスーパーと同じか若干高いくらいです。
つまり、ローカルの物は非常に安く、日本の物は比較的高いわけで、いかに現地化するかが生活コストに大きく響いてくるわけです。

また、紀伊國屋のような日本の書籍を買える書店はなく、基本的に日本の書籍は買うことが出来ません。(モグリの店はあるようですが…)

レストランの食事などは、現地のレストランは非常に安く、日本食レストランも日本で食べるよりは安く上がります。(一食4-500円程度)

ベトナム料理は、フォー(うどん)や春巻きなど日本でもおなじみの物に加えて、フランスの植民地であったが故にパンやスイーツが非常に美味しいです。南国なのでフルーツも充実しているので、この様な食にシフトしていけば、生活コストを大きく下げることが出来ます。

そして、住居。
ホーチミン市内中心部なら、ワンルームで300-500ドル(2.4万-4万円)、2LDKで1000-1500ドル(8万-12万円)くらい。エアコンやテレビ・冷蔵庫など大型の家具がついているのが一般的です。

さらに安くいいところに住みたいなら、中心地の1区から15分ていど離れたところにすると、2LDKの部屋でも大きく安くなります。基本的に、日本で言うところのタワーマンション。ジムやプールがついてます。
この様なところに住んでる人は、毎日タクシー通勤しているようです。初乗り50円、市内なら200円以下で移動できるので、金銭的負担も大きくありません。
※この家賃については、下記コメント欄もご参考にどうぞ

ハノイですと、特に住宅が密集している場所はなく、旧市街の1階が商店、2階がアパートになっているような所に住んでいる人が多いです。家賃の相場はホーチミンと大きく変わりません。

こんな感じで、悪いところだけ見ると、きれいな店はないし、食べ慣れた日本食のチェーン店もないし、地下鉄もなくてバイクだらけで交通事故で死にそうというひどい街。
でも、いいところをみると、物価は安いし、現地食もうまいし、安い家賃で毎日タクシー出勤が出来るという素敵な街。

今回就活した中で、日本と比べて良いところも悪いところも突出している国なので、一番好き嫌いが分れる国かもしれません。

やはり、ここは一度訪れてみて、自分の目で判断していただきたいところです。
なにはともあれ、活気は凄いので!

関連記事
はてなブックマーク→ このエントリーをはてなブックマークに追加 2012-05-03 | 12.ベトナム就職活動 | トラックバック:(0)件 | コメント:(8)件
G+
移転しました!
このblogは移転しました! 過去の記事もまとめてまるっと、「もりぞお海外研究所」においてあります! 下のアイコンを、クリック!
logo200.jpg
著者近景

もりぞお / 森山たつを

Author:もりぞお / 森山たつを


海外就職研究家という変な肩書きを名乗ってます。
 本を書いたり、海外就職に関するセミナーやったり、BBT大学の講師勤めたり、毎日エデュケーションの連載やったりしてます。
あと、J-Cast会社ウォッチで連載してます。
「アジア海外就職」という選択肢

 外資系企業に7年+日系大企業に2年勤めた後、突如会社を辞めてビジネスクラスで1年間世界一周旅行に出る。
 その後、2年間日本で働いた後、またも突如会社を辞めて、現在アジアでの日本人就職について研究・発表を生業にしている。

詳細なプロフィールはコチラ

 ちなみに、この似顔絵は「海猿」「ブラックジャックによろしく」でおなじみ、漫画家の佐藤秀峰さんに描いて頂きました。

年がら年中tweet中! Twitterボタン
Twitterブログパーツ
カテゴリ
もりぞおさんにメールを送ろう
個人的な質問から、お仕事の依頼までなんでもどーぞ。 海外就職に関するご相談もうけつけてますー。

名前:
メール:
件名:
本文:

なんか買って!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります
もりぞお海外研究所
セミナー動画や海外で働く人たちとの直接コミュニケーションにご興味がある方は、下記バナーをクリック! Morizo_Kaigai_Kenkyujyo_01.jpg
こっちも電子化されました!
アジア7カ国で働いてみよう!
応募書類の作り方から面接の攻略法
現地の歩き方から、現地採用者の生情報まで!
広告
海外就職考えてる人は、とりあえず登録してみよう!
もりぞおさんにちょこっと広告収入が入ります!
まぐまぐ はじめました
最新記事
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2おすすめブログ
recommend_bnr03.png
いんたびゅーず!
もりぞおさんに質問をしよう!匿名で。
インタビュータイトル
もりぞおWorks
2008年8月から2009年7月まで、北は北京五輪から南は南極(の側)まで、ビジネスクラスでうろうろしてきました。 image02.jpg

北京五輪でのアニマル浜口との2ショットから、地球最高の絶景ウユニ塩湖まで、いろんなところの写真集。 PhotoStudio.jpg

映画から、本から、メカまでなんでも書評。今でも気まぐれで月一くらいで更新予定。 20091017141444e4f.jpg
分類

就活編 インドネシア 準備編 フィリピン タイ 深セン シンガポール 英語留学 香港 01.日本 インド 電子書籍 ベトナム マレーシア 視察編 広告 東北編 海外就職 QA 

おしごと
QRコード
QR
ただの数字
提供
ディス ぷろぐらむ サポーティッド ばい
GJJロゴとりあえず
Javari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。